新着記事

西多摩旬の味 古くから日本人に愛され続ける食材

コラム

色鮮やかで新鮮な赤かぶを食卓の一品に

冬に入り、カブが収穫期を迎えた。カブは日本で古くから食べられていた野菜で、数多くの品種が栽培されている。

白いカブや赤いカブ、丸や扁平、細長いものなど、実に様々。根と葉両方にビタミンCを豊富に含み、かぶの根の部分には消化酵素の1つアミラーゼも含んでいる。口にした時に感じる辛みの元はイソチオシアネートで、消化機能を高めてくれる。

地元産の新鮮で色鮮やかな赤カブで、食卓を飾ってみてはいかが?

JAにしたま福生支店直売所

福生市本町16

☎042-552-4632

営業時間:9:00~17:00

定休日:土曜、日曜、国民の祝日

地元野菜で作るおいしぃ~い一品コーナー

  • 赤かぶサラダ

〈材料〉

赤かぶ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・適宜

赤かぶを、サラダのつけあわせにすると、とても可愛くて便利です。洗って薄くスライスして、小さなタッパに常備しておくと便利です。

  • 赤かぶの梅はちみつ漬け

〈材料〉

赤かぶ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・150グラムくらい(5~6個)

たたいた梅 ・ ・ ・ ・小さじ1

はちみつ ・ ・ ・ ・ ・ ・小さじ2

赤かぶを薄くスライスし、梅とはちみつと和えて、一晩つける。

 

コラム執筆者

佐野 芙美子

結婚するまで幼稚園に勤め、妊娠をきっかけに身体と環境に優しい生活に目覚める。バランスボールやヨガの講師を経て、第3子の妊娠を期にしばらく専業主婦に。SNSにあげていた料理が口コミで広がり、話題に。あきる野市在住。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.