新着記事

100%あきる野産の米で日本酒

生酒「八重菊」復刻、いよいよ来月発売

100%あきる野産の米で作った日本酒が来月発売される。完成を前に先月28日、米の生産者や販売に携わる地元商店会のメンバー、JAあきがわ職員ら約30人が醸造元の石川酒造(福生市)を訪ね、酒の発酵具合を確認した。

仕込みタンクをかき混ぜる米の生産者

あきる野市小川地区には明治時代、西多摩の水田の約16%を占める田があり、江戸時代には同地区の森田醸造で酒造りが行われていたという記録が残る。今回のプロジェクトではこうした歴史的背景を踏まえ、地場産コシヒカリを使って同醸造の銘柄「八重菊」を復刻する。

八重菊は生酒と熟成酒の2種を販売予定。石川酒造の杜氏、前迫晃一さんによると「熟成にも耐えられて新酒でも美味しい酒にするため、2種の酵母を使い味と香りのいいとこどりをした」。ダブル酵母による仕込みは同酒造では初めての試みだが、いい具合に仕上がってきているという。

仕込みタンクから香りをかいだ生産者グループFR秋見の堀部晋代表(79)は「いい香りがした。自分は酒はあまり飲まないが、完成が楽しみ。酒造りが軌道にのれば米を作る側も力が入る」と話した。

来月5日、先行販売イベント

「八重菊」の先行販売イベントの日程も決まった。来月5日正午〜17時、同市二宮の長谷川商事駐車場で開催される。

イベントのチラシ。。江戸時代に醸造した「八重菊」のラベルを今回復刻版として使用する

主催は二宮商栄会(井上泰樹会長)。新酒のほか酒粕まんじゅう、地元飲食店が作った日本酒に合うつまみのパック詰め、あきる野産農産物などを販売する。新型コロナウイルス感染予防のため会場での飲食は禁止。テイクアウトのみとする。

いずれも4合瓶で生酒は1500本、熟成酒は2900本を販売予定。先行販売はイベント当日〜14日、二宮の長谷川商事とリカーショップたかぎ、秋川ファーマーズセンター、JAあきがわ経済センターマイムで行う。15日以降、市内酒店や石川酒造などでも扱う。価格は税込み1650円を予定。問い合わせは042(558)2105長谷川商事まで。(提供:西の風新聞)

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.