新着記事

にしたま。この人に会いたい。

コラム

執筆協力:市民ライターKさん

「街のチョコレート屋を目指す」優しさに溢れたショコラティエ

シェフショコラティエ大岡 英博さん

秋はスイーツの季節。特にチョコレートは種類も増え、こだわりを持つ人も多くなってきている。今回は昭島市に店と工場を構える「トーキョーチョコレイトファーム」を訪ねた。

「吉祥寺のケーキ店に勤務しながら製菓学校で学び、都内各地で理想の店の場所を探しました。昭島は地下水で水質が良いこと、また緑が豊富で自然がたくさんあっていいな、と」。

美しささえ感じるボンボンショコラ

専門店ならではの品ぞろえ

現在生産しているチョコレートは約40種。ボンボンショコラやナッツにチョコをかけたもの、オレンジピール、板に流し込んで割った「割りチョコ」など、自ら数日かけ造っている。昭島の他に月島にも店舗があり、催事出店も常に数ヵ所入っているという。

街に根付いた店にしたい

チョコレート専門店は数少ない。経営の難しさを聞いた。「夏場の需要が落ち、生産には気を使います。温度調整が必要な作業も多く『寝かせる時間』も必要なため、完成まで数日かかるものも。世界と比べ、まだまだ日本人がチョコレートを食べる量も少ないです」と大岡さん。

「目標は街のチョコレート屋として地域に根付き、みなさんに愛される店になること。そしてもの作り企業として、東京土産になるべく全国に届けたい」と抱負を語ってくれた。

「昭島は皆さん親切。お客さんだけでなく工務店や塗装屋さんまで、とてもよくしてくれる」。店舗は最近リニューアルし、カフェスペースもオープン。「今後は、ペットの散歩の方が休めるウッドデッキも作りたい」と目を細める。

季節ごとの〝割りチョコ〞が人気

取り扱うチョコの情報はホームページでも見ることができる。こだわりのある店主が増えている昭島だが、ここにも熱い想いを持ったショコラティエがいた。ぜひ全国へ打って出てほしい。

 

トーキョーチョコレイトファーム

042-507-7941

昭島市中神町1295 chocolatefarm.tokyo

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.