新着記事

西多摩旬の味 旬を迎えた地元産の「ほうれん草」

コラム

寒さと共に甘みや栄養価も増加

西多摩の直売所では、冬野菜が数多く並んでいる。11月〜2月頃、旬を迎えるほうれん草もその1つ。寒さに耐えられる野菜として知られ、寒さが増すと甘さも増え、ビタミンCの含有量が多くなるなど栄養価も高まる。

多く含むβ-カロテンは抗発ガン作用や、免疫賦活作用で知られているが、体内ではビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれている。赤い根の部分にはマンガンを含んでおり、カルシウムやマグネシウムと共に、骨の形成や健康維持に役立つという。

採れたて、新鮮な、地元産のほうれん草。今夜の食卓の一品にいかが?

 

JA西東京かすみ直売センター

青梅市新町 2-28-19 ☎0428-31-1115

営業時間:8:30~16:30

年中無休(正月等を除く)※お求めの際は、事前にご確認を

地元野菜で作るおいしぃ~い一品コーナー

  • ほうれん草のナムル

〈材料〉

ほうれん草 ・ ・ ・ ・1/2わ

○ナンプラー ・ ・ ・小さじ1

○ごま油 ・ ・ ・ ・ ・ 小さじ1

○塩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 少々

※人参、玉ねぎ、大根などの茹で野菜を加えると、彩りがきれいで栄養価も高まります。

ほうれん草を茹でて、○の調味料と和えて、好みでゴマを振る。

  • ほうれん草のグラタン

〈材料〉(2人分)

ほうれん草 ・ ・ ・ ・ ・ ・3本ほど(茹でておく)

茹でた野菜 ・ ・ ・ ・ ・ ・200グラム

(カリフラワー、玉ねぎなど)

豆乳 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・100cc

小麦粉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 大さじ1

バター ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 大さじ1

とろけるチーズ ・ ・ ・適宜

塩コショウ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 適宜

①鍋に茹でた野菜を入れ小麦粉を野菜にからめ、バターを入れて火にかける。かき混ぜながらバターが溶けてきたら豆乳を入れる。②塩を適宜加えてとろみがついてきたら火を止めて、耐熱皿に入れる。

③ホウレン草を加え、チーズをかけて180度のオーブンで25分焼く。

 

コラム執筆者

佐野 芙美子

結婚するまで幼稚園に勤め、妊娠をきっかけに身体と環境に優しい生活に目覚める。バランスボールやヨガの講師を経て、第3子の妊娠を期にしばらく専業主婦に。SNSにあげていた料理が口コミで広がり、話題に。あきる野市在住。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.