新着記事

ゴミでつながる地域の手と手 ナイスピックな人

コラム

念願のゴミ拾い、母と

御岳渓谷でリバークリーン

編集/執筆 小林拓也|編集者・リバークリニスト

Vol.1ゴミ問題を想う、西多摩の〝人〟に焦点を当てる不定期連載。

第1回目は、奥多摩町立氷川小学校5年生の野村皇汰さんです。

ゴミ問題を想う、西多摩の〝人〟に焦点を当てる不定期連載。第1回目は、奥多摩町立氷川小学校5年生の野村皇汰さんです。

野球の練習はすべて中止になった。旅行もできなかった。だから、御岳渓谷に行くこの日が待ち遠しかった。

ラフトボートに乗ってパドルを漕ぐ。水しぶきを浴びて急流を下る。夏休みにぴったりな、爽快なアクティビティ。でも、楽しみはまだ半分。

「あったー!」

ボートから降りてダッシュ。川岸に散らばるペットボトルやビニール、サンダルなどを拾い集め、ゴミ袋に詰め込む。ボードだけがたどり着ける川岸。みんなでキレイにすると、何だか気持ちがよかった。

「よーし、次!」

青梅市のラフティングプランナー・柴田大吾さんが取り組む、ラフティングしながらゴミを拾う「リバークリーン」。レジャーとゴミ問題をつなぐ試みは地域で評判を呼び、6月には朝の情報番組で取り上げられた。

夏休み中にリバークリーンがしたい。母に伝え、柴田さんにお願いしてもらった。

――母の千章さん曰く、皇汰さんは昔からボランティアへの興味が強かった。「私の父とゴミ拾いしたり、東北の被災地の子と交流したり、レジ横の募金箱の仕組みを知りたがったり。今後も好きなことはどんどんやらせてあげたいですね」と、目を細める――。

夏休み、家にいると気づいた。母は毎日忙しく働いていた。学校はもちろん、野球チームで活動できるのも、東北の友だちと遊べるのも、「当たり前」ではない。だから今日が楽しみだった。母と一緒にリバークリーンをする、8月31日。

軽いペットボトルや古そうな缶は川の淀みに多く、BBQの網やタバコのほとんどは川岸に落ちていた。最も目立ったのはペットボトルだ。

でも、ゴミはどこから流れてくるのだろう?気になることが、またひとつ増えた。

コラム執筆者

小林 拓也

「ナイスピックな人」はゴミ問題を想う人を紹介するコラムです。
私が知るだけでも昨年、多摩川上流では4トン以上のゴミが改修されました。
数字の裏にある“人”のストーリーをお楽しみください。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.