新着記事

25journal

コラム

霞川が児童小説の舞台に

「かすみ川の人魚」著者は長谷川まりるさん

青梅市を東西に流れる霞川が児童小説の舞台になった。物語は、同市立第四小学校周辺や風の子太陽の子広場などと思われる景色の中で展開され、地元を知る人は引き込まれて読み進んでしまう。

小説は11月24日に講談社が発行した「かすみ川の人魚」=写真。著者は長谷川まりるさん。イラストレーターの吉田尚令が挿絵を担当している。どこかかわいらしく、どこか不気味な人魚をめぐる、少年たちの友情の物語だ。

同川は入間川の支流で延長は15・8㌔。かつてはホタルが飛び交った川は高度経済成長時代にどぶ川になった。1990年代から流域の下水道整備と共に水質が徐々に改善。今は色々な魚の群れが泳ぐようになり、野鳥の水飲み場にもなっている。

長谷川さんは1989年生まれ。作者の年齢から推測すると2000年前後の水質の改善に向き出した霞川を思い描いて書かれたのだろう。

主人公は、学校近くの霞川でへんなものをみつけた。人間の赤ん坊ぐらいの大きさで、上半身が人間、下半身が魚……そう、それは人魚だった!主人公は友だちの千秋といっしょに、その人魚を大塚山の池でこっそり飼うことに。それから、人魚の「かすみ」と、主人公たちの物語がはじまったが、「かすみ」がとんでもない事件を引き起こしてしまう!

長谷川さんは長野県生まれ。創作同人会「駒草」に所属。「お絵かき禁止の国」で第59回講談社児童文学新人賞佳作を受賞、2019年6月に同作でデビューした。

四六判、178㌻。1540円(税込)。

松本さんら西多摩から4人

内田農業振興会功労者表彰

財団法人内田農業振興会(若林政夫会長、立川市)の第55回功労者表彰式が19日、明治神宮で行われ、あきがわ、にしたま、西東京の3JAから緑綬功労章を1人、紫綬功労章を3人が受章した。

同功労章は、故内田秀五郎翁の農業への熱意を受け継ぎ、農業の振興に功労のあった人たちに贈られるもので、2021年度は緑綬功労章に10人、紫綬功労章に17人が輝いた。

緑綬功労章を受章したのは、野菜部門でJAあきがわ日の出支部第5支部長などを務める松本哲男氏(65)、紫綬功労章を受章したのは、果樹・酪農部門でJA西東京役員推薦委員などを務める関塚聰明氏(73)、花卉部門でJAにしたま総代の中村修氏(71)、農業団体役員部門でJAにしたま代表理事常務の大野英一氏(63)。

野辺写友会 新春写真展

1月13 日~ 市民ギャラリー

あきる野市の写真愛好家が集まる野辺写友会の第17回新春写真展が1月13日〜16日まであきる野市中央公民館の市民ギャラリーである。巳亦力さんのサクラの作品=写真=など風景写真を主体に展示される。10時〜17時。初日13時から。最終日15時まで。

父の背中■12■ 先代の仕事と教え

病気を診ずして人を診る

大久野病院 進藤晃氏

大久野病院の進藤晃院長は1964年、医家の3代目として生まれた。青梅市に進藤医院を開設した利定氏、日の出町に大久野病院を開いた利雄氏を祖父と父に持つ。子どものころから「おまえは医者になれ」と決められて育ったという。

「自分の将来を強制されるのがストレスだったのだろう。小学5年生のとき下痢が止まらなかったことがある。しかし、高校3年のときに父が肺ガンで急逝してしまう。一家が路頭に迷わないように医師をめざす決意を固めたことを覚えている」

それを促した一因は祖父の存在だったのかもしれない。明治31年(1898)、鹿児島県に生まれた利定氏はやがて北海道に移住する。慈恵医大を出て、小樽市内の病院に勤務したが、志を抱いて上病気を診ずして人を診る京。昭和5年(1930)に住江町に念願の医院を構えた。

「外科医だった祖父は救急病院を運営し地域の人たちから頼りにされた。そのかたわら警察医も務めるなど、官公庁からの信頼も厚かった。往診もこばまず、青梅ゆかりの吉川英治や河合玉堂宅にも足を運んだ」

一方、利雄氏はどちらかというと人づきあいは苦手。だが、学業はきわめて優秀で府立二中(現立川高校)と祖父と同じ慈恵医大に進み、どちらも首席で卒業。前途洋々たる行く手から精神科医を選び、昭和47年、西多摩に慢性期医療の拠点を定めた。

「慈恵には『病気を診ずして病人を診よ』という教えがある。そんな医療を実践する2人を先達として、埼玉医科大学に入学。医学生時代は小児科に興味を持ったが、実家を継ぐことを前提に循環器内科を選択した」

1989年、医師国家試験に合格した進藤院長は母校の附属病院に勤めた。ほどなく実家から「病院の経営が厳しい」との連絡があり、28歳のとき大久野病院に入職。家業存続の使命に燃え、病院改革に取り組み、無事黒字化に漕ぎ着けている。

【岡村繁雄】

コラム執筆者

編集室システムU

西多摩地域を中心とした東京25区管内の政治、行政、経済社会、トピックスなどを配信する「東京25ジャーナル」の編集室。
“地域の今”を切り取ります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.