新着記事

東京の山を守り、水を守り、自然を守るTOKYO GREEN Press

コラム

~東京の森から~東京チェンソーズ

檜原村の林業会社「東京チェンソーズ」が、街プレ読者の皆様にお届けする東京グリーンプレス!

毎日、西多摩の山々で暮らす僕たちが、リアルな西多摩の自然の姿をお届けします。

現場は冬から春の仕事へ移行

立川駅ビルで期間限定ショップを出店

檜原村もすっかり春となりました。日当たりのいい場所では福寿草が咲き誇り、気持ちを明るくさせてくれます。冬場、葉を落としていたコナラ、ヤマザクラなど広葉樹も芽吹き、山全体が膨らんでいるように見えてきました。スギも花粉を付け黄緑色に色付いています。現場では、今シーズンの冬の仕事が終わり、春の仕事が始まっています。

針葉樹の人工林が大半を占める檜原の山スギは花粉で色付いて見える

 自然相手である林業には、季節ごとに向く仕事があります。間伐など木を伐る仕事は冬の仕事です。冬は樹木が水分を吸わないので、木材が乾燥していて、伐採に向くのです。それが春になると、水分を吸い始めるのですが、そうなると木材は乾燥しにくく、また腐食もしやすくなるので、伐採には不向きとなるのです。

4月からは春の仕事である、苗木の植え付けが始まります。3月中はまだ準備段階で、植え付けする山の範囲を確定したり、用意した苗木を山に植える前に仮植えしたりします。植え付けする苗木は、ヤマザクラ、イロハモミジ、コナラなどの広葉樹か、ヒノキ、スギの針葉樹のいずれか。スギの場合は、品種改良した「花粉の少ないスギ」となります。来月にはその様子をお届けしたいと思います。

 3月は今回が初めてとなる、すばらしい機会にも恵まれました。立川駅の北口、南口にそれぞれ店舗を構えるルミネ立川、グランディオ立川で期間限定のお店やワークショプを開催。遠いようで意外と近い、西多摩の山に触れる良いきっかけになってくれたらと思います。このほか、昭島のモリパークアウトドアヴィレッジの7周年記念イベントにも参加。木のスプーンづくりワークショップを行いました。

山という場を活用する取り組みも進展しました。浅草にある祭礼具製造販売の老舗・宮本卯之助商店さんの「森の太鼓プロジェクト」に関連して、森の演奏会・ワークショプ「はじまりの森」を弊社・社有林で5月下旬ごろ開催することとなりました。近くなりましたら、改めてご報告いたします。

コラム執筆者

東京チェンソーズ

今日も森にいます
株式会社 東京チェンソーズ
住 所西多摩郡檜原村654
TEL 042-588-5613

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.