新着記事

第2回 ポムジェラート 羽村市

母娘でつくる本場のジェラート常時8~9種類が日替わりで

仲良し夫婦のおしゃべりお店散歩

碧大ちゃんも大きなお口で

 ジェラートとシャーベットの専門店「Pomme gelato」( ポムジェラート、羽村市小作台2‐4‐10)は間もなく開店2周年を迎える。ポムはフランス語でリンゴ。オーナーの東出道さんの実家は長野県のリンゴ農家。娘の麻代さんと一緒に本場のジェラートとシャーベットを提供する。

 ショーケースには常時8 〜9 種類が並び、季節や日によってメニューが変わる。5月いっぱい楽しめるのが「おいCベリー」。地元の中野農園が栽培したこだわりの新鮮イチゴがさわやかだ。リンゴ農家だけに一番人気の焼きリンゴのクッキークリームも絶品。

「どれもおいしくて、来る度違うものを食べています。子どもにも安心して食べさせられます」

 体に優しい食材を心掛け、砂糖は含蜜糖とてんさい糖を使用。材料本来の甘さを生かす碧大ちゃんも大きなお口でという。2階のイートインスペースは眼前に茶畑が広がり、取材当日は八重桜も満開。

「水色の外観。素敵な絵も飾られ、絵本の中にあるようなお店。とても素敵な世界でおいしいジェラートをお試しください」

 価格はシングル410円、ダブル480円、トリプル530円。小学6年生まではキッズサイズ280円の注文も可能。営業時間は12時〜18時ごろ(無くなり次第終了)。月曜・火曜定休(祝日は営業)。問い合わせは0 4 2(533)4130へ。店舗情報はインスタグラムで随時更新しているので確認を。

■散歩びとは羽村市の田村真理子さんとお嫁さんのさゆきさん、孫の碧あお 大ちゃんです。

コラム執筆者

support@amites.co.jp

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.