新着記事

多摩川の事業者がリバークリーン

SDGs

“きれいな川”をあたり前にしたい

 多摩川川下り事業者組合は5月12日、青梅市の多摩川・御岳渓谷で川の清掃活動・リバークリーンを実施した。加盟事業者のインストラクターら33名が参加。御岳苑地から柚木の河原までの約5㌔㍍を下り、25㌔㌘ものゴミを回収した。

その渓谷美に反して、御岳渓谷は、BBQや川遊びした人の放置ゴミが問題となっている。組合は毎年春と秋にリバークリーンを実施。事業者主体で環境保全活動を続けている。リバークリーンの輪は青梅市全体に広がり、現在は大小さまざまなコミュニティが清掃活動を行っている。

「清掃活動の手応えは確かにある」。そう話すのは、事務局長を務める「みたけレースラフティングクラブ」代表の柴田大吾さん。「各所でリバークリーンが実施されていることもあり、GW開けにもかかわらず例年よりもゴミが少ない印象。きれいな多摩川があたり前になるよう、活動を続けていく」。19日には奥多摩町の白丸湖を、20日には同町の海沢渓谷で清掃活動を行った。

多摩川川下り事業者組合は、流域でラフティング、カヤック、SUPなどのリバーアクティビティを提供する18事業者が加盟する(2022年5月現在)。事業者同士の交流はもちろん、自治体と連携して地域貢献活動にも取り組んでいる。

4月には青梅市・奥多摩町の消防署と「急流救助協定」を締結。水難事故発生時は消防署と連携して救助活動を行う。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.