新着記事

東京の山を守り、水を守り、自然を守るTOKYO GREEN Press

SDGs コラム

~東京の森から~東京チェンソーズ

檜原村の林業会社「東京チェンソーズ」が、街プレ読者の皆様にお届けする東京グリーンプレス!

毎日、西多摩の山々で暮らす僕たちが、リアルな西多摩の自然の姿をお届けします。

木材生産×寛げる山を目指す

「森をつくる太鼓」お披露目演奏会開催

 先日、「ドーン!」と響く和太鼓の演奏を、何と森の中で聴くという幸運をいただきました。まるで雷みたいな凄まじい音が、木々の間を縫って、谷間を抜けて行く。この太鼓の音が抜けて行くことを「走る」というそうなのですが、まさにその通り。すごい迫力でした。

これは先月、弊社・社有林で行われた和太鼓の演奏会「はじまりの森」でのこと。浅草の老舗「宮本卯之助商店」が主催するイベントで、同社が製作・販売する和太鼓「森をつくる太鼓」のお披露目会という位置付けです。

森をつくる太鼓とは、古代から自然との共生を願い太鼓を打ち鳴らしてきた、その原点に立ち返って、現代の森と共生する楽器のあり方を見つめ直すプロジェクトです。

いま世の中にある素材を活かすという観点から、従来は使われてこなかった材料にも注目。今回は弊社のスギ・サワラを材料に使用していただくこととなりました。

 当日は檜原村の坂本義次村長ら招待客を中心に約90名が山に集り、和太鼓の演奏を楽しみました。

弊社では森林を、木材生産の場であると同時に、一般の人がリラックスして楽しめる場であると考えています。とはいえ、まだまだ気軽に入ってこれる場所ではないのも事実なので、こうしたイベントを通じて環境を整えて行きたいと思っています。

社有林といえば、この時期はコアジサイが見頃。スギやヒノキなどの針葉樹林の林床に咲き広がっている光景は見事です。手付かずの美しさを感じます。最後にお知らせを一つ。

 ルミネ立川店で期間限定ショップを7月3日まで出店しています(2 階JRコンコース入ってすぐ)。木の素材をそのまま活かした一輪挿しやキーチェーン、キャンドルホルダーなど、細々した日用品を揃えていますので、お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。一同、お待ちしております。

 

 

今日も森にいます

株式会社 東京チェンソーズ
TEL 042-588-5613
住 所西多摩郡檜原村654
ホームページ http://www.tokyo-chainsaws.jp
フェイスブック https://www.facebook.com/tokyochainsaws/

 

コラム執筆者

東京チェンソーズ

今日も森にいます
株式会社 東京チェンソーズ
住 所西多摩郡檜原村654
TEL 042-588-5613

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.