新着記事

森と川のプロたちと歩く Tokyo Mountain

コラム

西多摩から「Leave No Trace」

「リーブノートレイス(LNT)」をご存知でしょうか?日本国内ではまだまだ知られておりませんが、アメリカ発祥の野外倫理プログラムLNTは海外では学校教育に取り入れられ、たくさんの人が知るものとなっています。アウトドアで活動する上で押さえておくべきことが7つの原則にまとまっており、全てが長年の研究結果、エビデンス(根拠)に基づいたものであります。

 

台風19号以降、多摩川でリバークリーン活動を続けてきましたが川ごみの問題は御岳のみならず、奥多摩や秋川渓谷でも特に夏シーズンに大きくなっています。〝拾う〞という行為は、綺麗な川原にすることで新たなゴミが捨てられにくくなるという抑止の効果はあると考えられますが、それだけでは問題の根本的な解決に繋がらないと感じてきました。

〝拾う〞ことに加え〝教育〞が必要で、LNTを学び、広く共有することで川ごみ問題が改善される可能性を感じています。西多摩からLNTを発信してまいります。

コラム執筆者

柴田 大吾

大学探検部時代にラフティングに出会い、オーストラリアでリバーガイドとして活動。
2009年、日本代表選手として世界大会で総合準優勝。現在、御岳で「みたけレースラフティングクラブ」を運営。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.