新着記事

マス、ヤマメ解禁

農業

多摩川、秋川など

 

多摩川の本流などのマス、ヤマメ、イワナが4日解禁になった。多摩川では18日までに全ての支流で解禁になる。一方、秋川は佳月橋〜上流で1日ヤマメが解禁された。17日までに下流や支流、平井川などでマスとヤマメが解禁になる。

4日の正午に解禁を迎えた多摩川には、待ちかねた太公望たちが釣糸をたらした。当たりはまずまずで、握るさおにしっかりとした手応えを感じては慎重に糸を引く姿が目立った。

奥多摩漁協は解禁日当日、多摩川本流にヤマメ1150㌔、マス2400㌔、イワナ120㌔を放流し、釣客を迎えた。一方、秋川漁協は前年にヤマメの稚魚を15万尾、2月末までにマス、ヤマメの成魚を多数放流している。

遊漁料は、いずれの川も年券6000円、日券2000円。小学生以下は無料。問い合わせは、多摩川は042 8 ( 7 8 ) 8 3 93、秋川は042(596)2215へ。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.