新着記事

日の出町の真っ赤な中玉有機トマト

農業

福島県より移転し「東京ブランド」目指す

御日の出町で栽培され冬場も含め通年で直売する㈲東常マックの有機トマトが赤々と実り話題となっている。

通年で販売される有機トマト

以前、福島県内でトマトを栽培していた同社。原発事故の風評被害の影響で移転を考えるも他地域での支援がなかなか得られなかった。

都や同町の強い支援を受け、2012年春に正式な移転が決まり、本格的な土作りに着手した。

同社では自ら作る有機肥料による土づくりと、情報技術などのハイテクを組み合わせた現代農業を実現。農薬を使わない有機栽培を基本とし、70%は土に与える有機肥料、30%は葉面散布の化成肥料を使用。冬季は重油でハウスを暖めるため燃料費が掛かるが、一年を通じ価格変動なく販売し続ける。

「質を重んじた名産品づくり」(同社)を目指し、現在の出荷先は有名百貨店や高級スーパーなどの契約先のみだが、日の出町限定で同社ハウス脇の直売所でも販売している。 こうした成功事例を踏まえ若手の育成や独立支援にも力を入れる代表の尾形吉郁さん。

「おいしいものは認められる。6年後の東京オリンピックを目標に、世界に誇れる東京産トマトのブランドづくりを目指したい」と意気込みを見せる。

直売所での販売価格は、ミニ・中玉トマト=1袋300円、自家製ドレッシング=1瓶400円、ドライトマト=1袋400円。営業時間は14時〜18時30分。東常マックは、住所 日の出町平井1 5 0 4̶1(亜細亜大学北側の道沿い)、電話番号 042(588)5961。年中無休。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.