新着記事

豪雪を乗り越えた、あきる野名産「のらぼう」

農業

みずみずしく復活

秋川ファーマーズセンター

歴史的な豪雪となった2014年2月。西多摩地域の農家や野菜なども大きな被害を受けた。しかし次第に気候も穏やかになり、雪が解けた土からは、おいしい新鮮野菜が育ち始めている。

厳しい冬を越えたあきる野市の名産「のらぼう」

あきる野市に畑を持つ小沢泉さんは、同市の名産である「のらぼう」を手塩にかけ大切に育ててきた。畑一面を雪が覆ったことで、のらぼうはぺしゃんこに。肩を落としていたが、3月の穏やかな気候もあり見事にみずみずしさを取り戻した。

「おひたしにすると美味しいですよ」と小沢さん

現在、小泉さんののらぼうの出荷も始まった。秋川ファーマーズセンターでは300㌘〜400㌘程度で1袋200円。厳しい冬を乗り越えた野菜は、甘みやおいしさが増す。3月から4月が食べ頃となる「のらぼう」を、ぜひ味わってみては?

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.