新着記事

武蔵五日市駅前「東京裏山ベース」にカフェ新設

「檜原紅茶のシフォンケーキ」や「鮎チョビピザ」など提供

カフェ「Sketch」

 

JR武蔵五日市駅前のアウトドア拠点「東京裏山ベース」に今月、喫茶スペースがリニューアルされ、本格的な営業が始まった。

運営するのは秋川渓谷でアウトドア事業を展開する「do̶mo」。カフェの名前は「Sketch」で、「訪れる人の心のスケッチブックに描かれるような体験を提供したい」という高水健代表(26)の思いが込められている。

これまで販売されてきた檜原紅茶や檜原村の福祉施設ひのきのそののクッキーなどに加え、新たに「do̶mo」の開発した秋川の鮎をソースにした「鮎やきそば」や「鮎チョビピザ」などのメニューが追加された。

 

 

 

コーヒーに使用する水も養沢の大岳鍾乳洞の湧水を利用するこだわりぶり。特に好調な売れ行きを示しているのは檜原紅茶の茶葉を混ぜたシフォンケーキ。あきる野市に住む栄養士の倉俣朋世さんと共同開発した。「茶葉の味を前面に押し出した味になっていて、生クリームの甘さとの相性が自慢です」と高水代表は太鼓判を押す。

 

副代表の南嶋祐樹さん(25)は「神野さんから、ゴールデンウィーク明けに話があり、急ピッチで準備を進めてなんとかオープンできた。地元の人に行楽客にも秋川渓谷の良さを伝えられるようなカフェにしていきたい」と目標を話した。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.