新着記事

「クジラ肉の魅力を知ってほしい」

クジラ肉を使った新メニューで挑戦

クジラ肉の卸、調理した弁当を販売する店「らじっく」はあきる野の飲食事業者と共同で3 月1 日〜3 日、代々木公園で開催される大規模な食のイベント「魚ジャパンフェス」に出店する。

日本では古来から一部の沿岸地域でクジラ漁が行われ、戦後の食糧難だった頃は、主要なタンパク源として重宝された。しかし世界のクジラ類の乱獲を防ぎ管理することを目的に締結された、国際捕鯨取締条約に1951年、日本も加盟し商業捕鯨から撤退。徐々に日本の食卓からは姿を消していった。

「らじっく」オーナーの坂花貴豊さんは、親友が捕鯨船の仕事をしていたことをきっかけにクジラ肉に触れ、魅了された。生態や現状を学ぶため、調査船の乗組員として3年従事。「この貴重な食材の魅力に気付いてくれる人が1人でも増えれば」と同店をオープンさせた。

「ぜひ一度、クジラの味わいを楽しんでほしい」と板花さん(写真右)と伊藤さん

昨年、あきる野で行われた産業祭への出店の際、市内のラーメン店「五ノ神製作所代表」の伊藤真啓さん、燻製専門店「いぶし庵」の高野俊明さんと出会い、2人は坂花さんの想いと、クジラ肉の魅力に共感。

「副産物の素材を使い、付加価値の付いたメニューを作る」ことをポリシーとする伊藤さんは、クジラの脂などを使ったラーメンを、高野さんが開発した燻製肉を組み合わせメニュー化。今年、店舗でも限定販売し話題となった。今回のイベントではクジラのステーキ丼とパエリアを販売する。

日本は昨年、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会からの脱退を発表した。坂花さんは「クジラを食べる文化が薄れた現代。こうしたタイミングで、その魅力を知らない若い世代に、脈々と息づいてきた日本の伝統に触れ、日本が誇る食材なんだと知ってほしい」と語る。

同店ではクジラ弁当の販売の他、卸も行っている。問い合わせは同店(あきる野市雨間709、電話042̶842̶3172)まで。

 

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.