新着記事

川と森のプロたちと歩く Tokyo Mountain

コラム

今日も流れる多摩川に感謝し、今はじっと我慢の時…

非常事態宣言が発令され、御岳渓谷のリバーアクティビティー事業者も活動自粛を余儀無くされております。例年であれば咲き誇る桜に春の訪れを感じ、新緑の芽吹きにシーズンの始まりに胸を踊らせる時期。ですが今年はお客様からのGWのご予約をお断りしている状況で、非常事態であることを実感する毎日です。

今はこれも我慢!

御岳渓谷周辺の観光駐車場の閉鎖に続き、遊歩道への立ち入り自粛もお願いも出ております。気持ち良さそうに流れる川の様子がなんとも悩ましいですが、ただただ下を向いている我々ではありません!

多摩川が今日も流れていることに感謝し、ツアー再開の来るべき日に備えて、装備を点検し、プログラム内容の精査に励んでおります。なんとか夏には再び御岳渓谷にたくさんの笑顔が溢れますように。その時には例年の3割増しの明るさで皆様のお越しをお待ちしております。どうかご安全に。皆さんの健康をお祈りしております。

 

コラム執筆者

柴田 大吾

大学探検部時代にラフティングに出会い、オーストラリアでリバーガイドとして活動。
2009年、日本代表選手として世界大会で総合準優勝。現在、御岳で「みたけレースラフティングクラブ」を運営。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.