新着記事

にしたま。この人に会いたい。

コラム

既に20年来のお付き合いになる。今回はステイホームの中、スマホを使った遠隔での取材を行った。

ラテン音楽の神髄を福生で伝承する音楽家

雫衛二さん

「出身は埼玉県。子供の頃は水泳、野球と体育会系でした。結婚を機に福生にギター教室を開講しました。生徒は小学生から年配者、学校の先生もいる。教えるのは技術もだけど、取り組み方とか考え方とか。〝キューバで体験したことが強烈過ぎて〞、そこで学んだ大切なことを伝え続けていきたいです」。

キューバの音楽体験とは、どういうことだろう。

バンドを始めてキューバ音楽に出会い、フェスティバルに出るために、現地にむかうことになったというが、20年前のキューバはどんな国だったのか。「映画でも有名になった、ブエナビスタソシアルクラブをきっかけに、ソンというラテン音楽にのめり込んで。現地では自炊して地元のミュージシャンと交流したけれど、日本とは音楽への取り組み方が全く違って、それは強烈な体験で。もう〝気持ちからやり直せ〞、と言われているようでした(笑)」

音楽関係者はコロナ禍で不自由な境遇にあると言うが、 「もともと不自由に感じていたので、あまり変わりがなく」と雫さん。「でも短期間で世界中の価値観が変わってしまった」と語る。そう感じるベテランミュージシャンは、これからの世界をどう見ているのだろうか。「お金じゃない価値観がもっと生まれてくると思う。コンサートも数千人というフェスは厳しいし、少人数の音楽家が、少人数の観客の前で演奏するようなスタイルになる。音楽がもっと身近になって、機能する時代になるのでは、と思っている」。

若い人はCDを聞かず、スマホとイヤホンばかり音楽を視聴する。「ステレオやラジカセから、その場の空気を感じながら聴くとか、リアリティが段々と薄まっているのは確か。だけど音楽は目に見えないからこその、想像力という力がある。音楽家も自分が何をしたいか、判っている人が強いと思うんです」。

奥様もミュージシャン、ご子息が取り組んでいる空手の雑誌に「リズム論」まで執筆するなど、マルチ活動中の雫さん。新しい時代に、新しい価値を広めてくれることを心より期待しています。

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.