新着記事

川と森のプロたちと歩く Tokyo Mountain

コラム

リバークリーンで広がる輪

夏休みに入って賑わいが一気に増してきた御岳渓谷では、残念ながら川ごみもたくさん。

毎週月曜日早朝のリバークリーンも、やり甲斐が出てきました。

「疲れる、汚い」などネガティブなイメージもあるかと思いますが、夏本番に向けてリバークリーン仲間を増やして行くためにも、やっていて嬉しいこともお伝えしておきます。

まずは「川が綺麗になってスッキリ」。
さらには「美しい渓谷で身体を動かしリフレッシュ」もあります。

秋川チームいつも刺激もらいます

ただ、一番にお勧めしたい理由としては「たくさんの人と出会えること」。

毎回、リバークリーンにはたくさんの〝はじめまして〞があります。最近は参加したいと声を掛けてくださる方も増えてきました。

先日は秋川渓谷や奥多摩にも伺い現地グループとご一緒しましたが、その土地に愛着を持った人と確実に出会えるのもリバークリーンの魅力です。「リバークリーンツーリズム」。これ確実にありだと思うのです。

この輪が広がりますように

 

コラム執筆者

柴田 大吾

大学探検部時代にラフティングに出会い、オーストラリアでリバーガイドとして活動。
2009年、日本代表選手として世界大会で総合準優勝。現在、御岳で「みたけレースラフティングクラブ」を運営。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.