新着記事

にしたま。この人に会いたい。

「大切な人に教えたくなる、街角の名店」

ハートフルな映画には、よく人懐っこいオーナーと美味しくシンプルなメニューが出てくる。地味だが、その人が物語の重要な役割をしている。今回紹介する「シャロ」はまさしく、そんなカフェだ。

カフェ シャロ 店主 松本翔太さん

パンを作ったのは、小6でした

場所は東秋留駅北口。オーナーシェフの松本さん。料理を志し、専門学校から飲食業界に飛び込むが、数年でこの店を立ち上げている。

「幼い頃から料理が好きで、親も包丁を持たせて調理をさせてくれました。小6の時に旅行のお土産をいただいた友達への御礼として、自分でパンを焼いてプレゼントしたら、とても喜んでもらえた。それが原点だった気がしています」。

飲食業界に進むが、そこは心身ともに厳しい現実ばかり。このままでは自分が好きな料理が出来ないと思い、生まれ育った街で開業を決意する。「地元で仲間が集まる場所になればいいなと。ひとりなら好きなように出来るとの思いで開業しました」。

自分の時間を忘れない。

松本さんには別の顔もある。小学校から続けているバドミントンでは、毎週子供たちを指導。またかつてのバンド活動経験をいかして、ピアノ弾き語りのレッスンにも通っている。仕事とは全く異なる世界を持つことで、お店でもお客様との会話が弾むのもうれしいという。

 

 

楽しかったという時間が大切

シャロの魅力は優しい味。ハンバーガーやオムライス、ハヤシライスなどのメニューは、どれもが隠れた手間をかけていることがわかる味わい。

バンズはもちろん自家製。「最近はコンポストも教えてもらい、小さな畑ですけどレタスも栽培しています」とのこと。松本さんの理想の店を聞くと「美味しいのは基本として、リーズナブルで毎日食べられるようなものを考案しています。お客様には、美味しかったより楽しかったといわれるような店にしていきたい」。
最後に店名「シャロ」について訪ねてみたが、文字で説明するのは難しく、店内でお話ししたいとのこと。ゆっくりとランチを楽しめる余裕をもって、訪問してほしい。いつでも松本さんの笑顔が待っている。

 

カフェ シャロ

あきる野市二宮1089-114

営業時間 11:00~18:00
月 11:00~16:00

火曜日定休

コラム執筆者

support@amites.co.jp

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.