新着記事

豊かな暮らしにつなげる多くの取り組み公募

SDGs 地域

「SDGsアワード西多摩 2022」

東京市町村自治調査会、多摩大学、朝日新聞記者らが審査

2011年に創刊した街プレは昨年、10周年を迎えた。これを記念し今年7 月、「SDGsアワード西多摩2022」を企画。西多摩でSDGsに取り組む事業者、団体、個人などの公募を始める。

近年、世界規模で取り組まれているSDGs(持続可能な開発目標、SustainableDevelopment Goalsの略称)は、気候変動や社会の格差の問題などが深刻さを増す中、2015年の国連総会で、2030年までに達成する世界共通の17の目標を定めたもの。

西多摩地域では近年、自然の保全活動はもとより、西多摩に脈々と続く歴史、文化、伝統的生活を再認識し、新たな価値を創造し、豊かな暮らしにつなげる多くの取り組みが、盛んに生まれている。

「SDGsアワード西多摩」では、そうした企業・団体、市民などの取り組みを西多摩地域内外、より多くの人に知ってもらい、事業への理解と賛同の輪を広げ、目標を達成してもらうことを願い企画した。東京市町村自治調査会の小町邦彦参与、多摩大学の長島剛教授、朝日新聞立川支局の杉山圭子記者などで構成される審査会で受賞者を選定。受賞者は7月のアワード当日、授章を予定する。授賞式に際し、基調講演とパネルディスカッションなども様々な視点から西多摩の取り組みを紹介していく予定だ。

公募は「事業名」「取り組み内容」「取り組みが分類される目標」「事業主体者名や情報」などと合わせて送付。自薦他薦を問わず受け付ける。

 

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.