新着記事

にしたま。この人に会いたい

コラム

ダンスの可能性を子供たちに発見。保育士ダンサーからスタジオ経営へ

ダンススタジオ LOVEBONDS 代表 中島智史さん

名刺交換をしたときに、保育士と記されていたので詳しく伺うと、まるで何かに導かれたようなお話だった。東京の大学へ長野から上京したのは1998年。当時のダンス潮流は「HIPHOP」。先輩のカッコよさに入ったサークルでダンスを始めた。以来35歳まで、プロダンサーとして活躍する中で、教える機会も増えていった。
ある時、姉が勤務していたデイサービス施設で、高齢者向けにダンスを教えていた光景を見ていた施設長から「保育園でも教えてほしい」と誘われたことが、きっかけだった。

可能性と奥深さに魅了

「ダンススタジオやフィットネススタジオで、子供に教えることもあって、教え方によって変わることや、育てる楽しさ、奥深さは感じていた」という中島さんは、本格的に子供と向き合うため、ダンスインストラクターをしながら保育士資格を取得。実際に保育園で乳幼児を担当した。
兼ねてからの知人に「昭島市内でダンススクールを引き継がないか」と誘われ独立。会社名を「リブインフューチャー」には、未来を生きるという意味を込めたそうだ。
子供たちは可能性の塊と感じる毎日。数値化できない表現を引き出すように、励ましたり褒めたりすることが大切だという。
 それぞれの個性に寄り添いながら「掌は顔と一緒。関節が一番詰まっている指先が、表現に欠かせない」ことなどを教えていくという。「チームスポーツと違い、補欠がいないのがダンスの世界。全員をフューチャーできる」ことや、卒業が無いことも魅力。年齢、性別を超えて今や200名を超えるスクール生だが、全員の顔と名前がわかるといい、保護者からの信頼が厚いのも保育士経験が役立っている。
今後の展望は「もっと広いジャンルのダンスを広めるためにも、スタジオを増やして、子供たちの可能性を拡げていきたい」と夢を語る。中島さんの心優しくも強い思いは、小さな身体にも、個性的なダンスとなって伝わりながら広まっていくだろう。

ダンススタジオLOVEBONDS

東京都昭島市朝日町3 - 1 8 - 9 第4 大正ビル1B
TE L&FAX 042-519-1363 16:00~21:00
オープン前連絡先 090-2454-4024

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.