新着記事

フォレスト・イン昭和館で「美食の饗宴」

イベント グルメ

田村酒造場創業200周年を記念

事前予約は11月15日まで

昭島市のホテル「フォレスト・イン昭和館」(電話042̶542̶5555)で11月26日、田村酒造場創業200周年記念レセプション「美食の饗宴」が催される。

文政5(1822)年から福生市で日本酒を造っている田村酒造場(福生市福生)は今年、創業200年を迎えた。田村家は福生村を切り開いた旧家の1軒で、名主などの村役を勤めた。酒造業は9代目の勘次郎が創業。近在の酒造家・酒店と店内関係を結び、元締めとして酒造技術や経営ノウハウの提供を図り、酒造体制の基盤をいち早く整えた。酒造りにおいては家訓「丁寧に造って丁寧に売る」を精神とし、敷地内の井戸に湧く、秩父奥多摩山系の伏流水は中硬水で酒造りに好適だったため、その喜びから「嘉泉」を酒銘に。伝統を守る傍ら、同社の気風である「進取の精神」の下、品質向上と新しい酒の醸造にも意欲的に取り組み続けている。

今回、フォレスト・イン昭和館が同酒造場創業200年を記念し、料理長が腕を振るった創作フレンチと日本酒「嘉泉」が楽しめる一夜限りの企画として開かれる。会場ではJAZZの生演奏も奏でられる。田村酒造場当主・田村 半十郎さんのトークショーも。

開宴は18時から。料金は1人20000円。先着80人限定(事前予約制)。予約受付期間は11月15日まで。

 

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.