SDGsアワード西多摩

入場
無料

(事前予約制)

  • 開催日

    2022年716日(Sat)
    13時開場/13:30~16:00(予定)

  • 会場

    福生市民会館小ホール
    (福生市福生2455/電話:042-552-1711)

2011年に創刊した西多摩の情報紙街プレは地域の皆様に支えられ、お蔭様で10周年を迎えることができました。
編集部一同、心より感謝申し上げます。

これを記念し「SDGsアワード西多摩 2022」を企画させて頂きました。世界規模で取り組まれているSDGs(持続可能な開発目標、SustainableDevelopment Goalsの略称)は、気候変動や社会の格差の問題などが深刻さを増す中、2015年の国連総会で、2030年までに達成する世界共通の17の目標を定めたものです。
西多摩地域では近年、自然の保全活動や教育支援はもとより、西多摩に脈々と続く歴史、文化、伝統的生活を再認識し、新たな価値を創造し、豊かな暮らしにつなげる多くの取り組みが、盛んに生まれています。
「SDGsアワード西多摩」では、そうした企業・団体、市民などの皆様の取り組みを西多摩地域内外、より多くの人に知ってもらい、事業への理解と賛同の輪を広げ、目標を達成してもらうことを願い企画させて頂きました。
ぜひ多くの皆様からのアワード応募、また当日のご来場を心よりお待ちしております。

街プレ編集部一同
  • 第一部
    基調講演
    「SDGsを"道しるべ"に西多摩地域の再構築を」

    講師:慶應義塾大学 SFC 研究所xSDG・ラボ
       慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
       佐久間 信哉 特任教授

    プロフィールをみる→
  • 第二部
    西多摩の3市3町1村の市町村長が登壇
    パネルディスカッション「SDGs達成へ向けた、
    地方自治体の役割と取り組み」

    ファシリテーター:多摩大学 松本 祐一 教授

    プロフィールをみる→
  • 第三部
    「SDGsアワード西多摩 2022」
    受賞者表彰

SDGsアワード西多摩2022 
公募受付は終了しました

西多摩SDGs PARTNERS

GOLD PARTNER

DAIHATSU

SILVER PARTNER

奥多摩工業
東京海上日動
損保ジャパン
奥多摩総合開発

BRONZE PARTNER

多摩ケーブルネットワーク
西武信用金庫
JACCS
Orico
青梅信用金庫
あいおいニッセイ同和
多摩信用金庫
西建協
【主催】 SDGsアワード西多摩 2022実行委員会 企画:街プレ編集部
【協力】 JAあきがわ、JAにしたま、JA西東京、多摩西部朝日会・栗原新聞店・東京西徳洲会病院・東京都中小企業診断士協会三多摩支部・大多摩観光連盟・青梅市観光協会・福生市観光協会・羽村市観光協会・あきる野市観光協会・瑞穂町観光協会・日の出町観光協会・檜原村観光協会・奥多摩観光協会・青梅法人会・青梅商工会議所・福生市商工会・羽村市商工会・あきる野商工会・瑞穂町商工会・日の出町商工会・クレムリ・グッドライフ多摩
【後援】 東京都・青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町

西多摩の3市3町1村の
市町村長が登壇

  • 青梅市長
    青梅市長

    浜中 啓一

  • 福生市長
    福生市長

    加藤 育男

  • 羽村市長
    羽村市長

    橋本 弘山

  • 瑞穂町長
    瑞穂町長

    杉浦 裕之

  • 日の出町長
    日の出町長

    田村 みさ子

  • 檜原村長
    檜原村長

    坂本 義次

  • 奥多摩町長
    奥多摩町長

    師岡 伸公

講師プロフィール

プロフィール
佐久間 信哉(さくま しんや)
慶應義塾大学大学院
政策・メディア研究科 特任教授

佐久間信哉 特任教授 プロフィール

中央大学法学部政治学科卒業。長年、地方公共団体で、様々な政策づくりに関わった後、現職。慶應義塾大学 SFC 研究所xSDG・ラボメンバー等複数の研究室に所属する傍ら、湘南みらい都市研究機構事務局長、鎌倉市行政委員、湘南鎌倉医療大学評議員、医療法人や企業等の理事やアドバイザーを務める。

(xSDG・ラボとは?)
SDGsの特徴の一つは、自律分散協調による、あらゆる主体の取り組みとその組み合わせによるイノベーションにある。企業活動や地方自治体などによる取り組み、消費や投資活動、IoTなど、世の中のいろいろな活動とSDGsを「掛け合わせる」ことで、真に持続的な成長を実現する可能性を秘めているのが「×SDG(エックスSDG)」。xSDG・ラボは、多様で複雑な社会における問題解決をSDGsという切り口で実現するため、アカデミアの枠を超えたソリューション指向の研究を実施し、SDGsのベストプラクティスを創出・集積しています。

ファシリテーター プロフィール

プロフィール
松本 祐一(まつもと ゆういち)
多摩大学経営情報学部 教授

松本 祐一 教授 プロフィール

1972年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。専門はソーシャルマーケティング。学生時代にNPO立ち上げを経験後、市場調査会社で商品開発に携わり2005年から多摩大学総合研究所勤務。2019年4月より現職。多摩地域を中心に企業、行政、NPOの事業開発支援に従事し、セクターを超えた「協創」をコーディネートしている。
ゼミでは奥多摩町の活性化をテーマに2016年度から活動中。その他にも2021年度は羽村市第六次長期総合計画アドバイザーや瑞穂町商工業振興推進協議会会長を務めるなど、西多摩地域に縁が深い。

SDGsアワード西多摩2022年 
表彰予定

自薦他薦によりノミネートされた企業、団体、個人から、アワード審査会の審査により3賞を表彰致します。

審査会

東京市町村自治調査会 小町邦彦参与
多摩大学経営情報学部教授 長島剛
朝日新聞立川支局 杉山圭子記者
SDGsアワード西多摩2022実行委員会

西多摩2022 ゴールド
普及促進 大賞
アクション 大賞

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.