新着記事

青梅の作家らが工芸展

イベント

提案型マーケット「百年市」のプレイベントで

青梅のギャラリー「BOX KI・O・KU」(青梅市西分町)で2月2日、「百年市青梅の工芸展」が開催される。主催は、地域に根付く作り手の発掘、発信などを行う団体「工藝(げい)の環(わ)」。

工藝の環のメンバー

青梅市内のデザイナーや作家、ショップ経営者、イベント企画者など10人でつくる同団体は、「生活道具を中心にした、自然環境と循環した

暮らしを提案しよう」と昨年11月に結成した。衣食住だけでなく、環境、自然、健康、学習を加えた暮らしの提案型のマーケット「百年市」を企画し、今年6月に開催を予定する。今回は百年市のプレイベントとして企画した。

当日は、青梅の作家や職人11人が参加し、ガラスや漆、木工、金属、染織、藍染め、陶磁器、和紙、とう籠、鍛鉄の作品を並べる「青梅の工芸展」のほか、大正時代、植樹や民藝の価値観を普及させた浅川巧のドキュメンタリー映画「道〜白磁の人〜」の上映会を予定。このほか、「森の恵みを分かち合う」と題した青梅の森、森林ボランティア団体、バイオマスエネルギーの紹介、青梅の食材や作家の作品を販売する「BROWN MARKET」も予定する。

「工藝の環」メンバーの1人は「誰しも身近な日用雑貨の素晴らしさを通じて、青梅の環境や作家の作品、食材など知ってもらう機会になってほしい」と話す。

入場料は、前売り=400円、当日=500円。売り上げの一部は、東北大震災、被災地海岸林の植樹に寄付する。問い合わせはオシドリ良品店0428( 7 4 ) 9 1 5 8 まで。前売りはホームページ(http://kougeinowa.jp/)で受付。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.