新着記事

檜原街道の百日紅(さるすべり)並木(あきる野市)【街プレ倶楽部 花ごよみ】

季節

あきる野市五日市市街の檜原街道(JR武蔵五日市駅前から子生(こやす)神社あたりまでの2km程)では、街路樹として植えられている百日紅が、7月下旬から9月中旬にかけ、ピンク、紅色や白の花で彩られ、まるで花笠のように、真夏の街を飾る。このような百日紅の街路樹はちょっと珍しい。この時期に楽しめる街路樹の花も他にはあまりなく、嬉しい存在だ。
8月1日から9月14日までは、「百日紅まつり」として、夜のライトアップが行われ、昼の鮮やかな美しさとは一味違う幻想的な世界を演出する。8月23日(土)には地元の女性連による「流し踊り」が催され、百日紅の並木道を練り踊る。主催は、五日市活性化戦略委員会。お問い合わせ先042-595-1135。
7月24日現在、かなり花を付けている樹もあるが、全く花を付けていない樹もあり、全体としては未だ1部咲きといったところか。それでも、花を付けている樹が並んでいる場所では、結構目を楽しませてくれるようになっている。

檜原街道の百日紅並木(写真:あきる野市提供)

2014.7.24現在

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.