新着記事

青梅市役所前にウメの記念植樹

農業

「将門誓いの青梅」から 枝分けし育てる

青梅市農業委員会は昨年12月27日、青梅市役所前の市民広場でウメの記念植樹を行った。

植樹を行った青梅市長と市議会議長と青梅市農業委員会ら

植樹したウメは、青梅市の名前の由来にもなり、東京都の天然記念物にも指定されている金剛寺の「将門誓いの青梅(あおうめ)」を枝分けして育てた苗木。同市内にあったウメの木は、「ウメ輪紋ウイルス」により多くが伐採されてきたが、「由緒あるこの梅を守ろう」と、青梅市樹苗養成振興会をはじめ当時の関係者の努力により、枝木から大切に育てられてきたウメとなる。

同市では梅の里再生・復興も進み、令和3年度から国の緊急防除の指定が解除され、市全域でウメ等の再植栽が可能となった。今回は昨年70周年を迎えた同委員会の記念事業として苗木が寄贈されると共に植樹を行うこととなった。

植樹当日、浜中啓一青梅市長は「青梅市にふさわしい梅が植樹され大変ありがたい。今後も青梅の未来へ向け、力を合わせて取り組んでまいりたい」とあいさつ。加藤仁志青梅市農業委員会会長は「土地制度の変革などで農業の課題は多いが、青梅市での新規就農者は増えている。今後も青梅で農業を営むことの魅力をPRし、貢献していきたい」と今後への想いを語った。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.