新着記事

にしたま。この人に会いたい。

コラム

感謝をお菓子に乗せて世界へ笑顔を。

 立川市の住宅地にある「洋菓子のプルミエール」は30年余りの歴史をもつ。店舗のほか、ホテルや駅ビルにも出店、両親は休むことなくケーキ作りを続けてきた。「大学生の頃、親に言われたことはなかったが、後を継ぐことは決めていた」と話す長男の遠山さんだが、実は自らケーキは作らない。

最初に入社した会社は通販大手企業。「父が昔、通信販売で苦労をしていたことを見ていて、自分が継ぐときは、ノウハウをためて再チャレンジしたいとも思っていた」。ECでの販売業務を体験し、担当企業は2000社を超えた。その経験を生かし4年前、経営者として家業を継いだ。その直後のコロナ禍が、大きく発展する機会となっていく。

ぶれない想いと実践

 遠山さんからは「カタチとストーリー」という言葉が何度も出てくる。「まずパッケージを決めて、お客様が商品を手にするストーリーを決める。そこから、それに合ったお菓子を父に製作してもらいました」。今までとは全く逆発想の考えは、職人である父と意見の違いも多くあったという。

それでも美味しいお菓子を多くの方に届けたい想いは同じ。ひとつずつ実績を積んでいった。店には母が育てた薔薇と家族でもある犬達がいた。それらはパッケージやロゴマーク、クッキーの缶などに、さりげなく生かされている。

「ありがとうを伝えるお菓子」として大切な方に配る場面を想定し、父が「余韻の残る味」を極めたクッキーを開発。ギフトに特化した商品は、ホワイトデーには七万缶を販売するまでになった。

立川から海外へ発展

 新しいパティスリーの経営スタイルを作った遠山さん。今では20名程のスタッフが働いている。「まだまだ多くの可能性を感じている。台湾、シンガポールでも販売機会ができ、これからも両親や仲間と、もっと美味しい洋菓子を広めていきたい」と語る。「父が大好きなお菓子作りに没頭できる環境を作りたかった」という言葉が何よりも温かく響いた。

 

洋菓子のプルミエール

東京都立川市西砂町1-36-11
TEL:042-531-4835

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.