記事の詳細


運動不足は筋肉を硬くさせ、関節の柔軟性は年齢とともに低くなります。
ストレッチにより関節の可動域を広げ、柔軟性を高めることは運動能力の向上だけでなく、健康的な日常生活を送る上で大切な事です。
筋肉が硬くなれば血管を圧迫し、変形し、老廃物が溜まりやすく、疲労が取れにくくなります。特に腰背部の筋肉は、疲れが溜まりやすく、腹筋力がない女性は気だるさが長引くことも。
運動前のストレッチは、関節の可動域を広げ、筋肉に適度な刺激を与えて体を動かしやすくしてくれますので、無理なく行うことが大切です。

≪とれない気だるさは?≫
どうしようもなく疲れた時はマッサージ
店に足を運ぶという人も多いのでは?
マッサージには静脈やリンパ循環を促進する効果があると言われ、運動の前後には、筋肉の緊張をほぐす効果もあります。また興奮性を高め機能の回復をはかったり、逆に興奮性を減退させるなど様々な作用を生み出します。ストレッチと併用し、しなやかな体作りを意識しましょう。

≪ストレッチのポイント≫
■リラックスと意識 気だるさは?
普段からコリやすい部位は、無意識に力が入っている事が多いもの。リラックスしている状態で、「どの筋肉を伸ばしているのか」を意識して行いましょう。
■正しい姿勢
正しい姿勢で行わないと特定の部位に負担がかかり、痛みの原因にもなりかねません。柔軟性や関節の可動域には個人差があるので、イタ気持ちいい範囲内で行いましょう。
■息は止めず
呼吸を止めてしまうと、筋肉が緊張してしまいます。息を吐きながらターゲットとする筋肉を伸ばし、その状態を10~30秒ほどキープしてみましょう。
■反動を使わない
これはストレッチの際、最も注意すべき点。反動をつけると限界以上に伸びてしまい、痛めてしまうことになりかねません。伸ばしているはずなのに、逆に筋肉が収縮してしまうことさえありますので注意しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る